ドラマ『クライシス』『緊急取調室』で活躍の田中哲司ってどんな人!? 仲間由紀恵との結婚が役柄に影響を与えた!?


2017年春ドラマは刑事ものが目立ちます。中でも『クライシス』(フジ)『緊急取調室』(朝日)『小さな巨人』(TBS)に興味を惹かれます。

組織をけん制しつつ使命を全うする刑事たちから目が離せません。

俳優のパワーを感じます。
間違いなく作品に深みを与えてるであろう脇役の存在も光ります。

『クライシス』(フジ)『緊急取調室』(朝日)の2作品で印象深い田中哲司さんに注目してみました。

 

プロフィール

本名:田中哲司
生年月日:1966年2月18日
出身地:三重県鈴鹿市
学歴:日本大学藝術学部演劇学科
身長:182cm
血液型:A型
配偶者:仲間由紀恵
事務所:鈍牛倶楽部

 

ドラマ『クライシス』『緊急取調室』で活躍の田中哲司ってどんな人!?


今回の2作品では、信頼のおける上司を演じています。同じような役どころですが、メリハリをつけてかなりいい感じです。


『クライシス』吉永三成


特捜班を統率する班長。
元警視庁捜査一課の刑事で、観察眼が鋭く、取り調べの名手。捜査班の中では唯一の既婚者だが、妻と一人娘とは別居中である。
出典:https://www.ktv.jp/crisis/chart/

班長として部下を引き連れ現場に出て直接捜査の指揮をとります。冷静で力強く信頼のおける上司を見事に演じています。


『緊急取調室』梶山勝利

警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の管理官。警察組織の階級主義や、縄張り争いのしがらみに苦慮する一方、出世も目論む中間管理職。冷徹な判断力と要領の良さで出世を重ねてきた。決断力で部下を引っ張る男。昔からよく知る有希子の交渉能力に目を付け、キントリ・メンバーに抜擢した。キントリ・メンバーには絶大な信頼を寄せる。(妻と離婚調停中?)
出典:http://www.tv-asahi.co.jp/kintori/cast/

管理官は上と下との調整役。上司の意向を素早く的確に抜け目なくとらえて、部下の活動を後押しします。

この作品でも、悩める私生活をさりげなくかわし、中堅の頼れる上司をスマートに演じています。


両作品とも、決断力があり部下の信頼も厚くデキル上司

班長と管理官の違いはあっても、組織をまとめ部下を力強く導くことに変わりはありません。

私生活に陰りあり、人生の機微に通じた苦み走ったいい男風のイメージがバックに流れています。

見ている側も時々分からなくなるほど、似通った役柄です。
ご本人も混乱しそうで演じ分けるのも大変ではないかと思われます。


田中哲司さんは見事な実力派

この強靭な指導力と陰りをあわせ持つ魅力的な上司を両者の微妙な違いを織り交ぜながら魅力的に見せてくれます。

 

仲間由紀恵との結婚が役柄に影響を与えた!?


田中哲司さんの妻は仲間由紀恵さん

田中哲司さんは人気女優 仲間由紀恵さんと、2014年9月に結婚されてます。約6年間の交際期間があったようです。

遊び人疑惑も?
交際期間中には、派手やかさはないものの大人な魅力で女性にモテるという田中哲二さんの浮気報道もありましたが、それも乗り越えての結婚となりました。
引用 :https://newsmatomedia.com/nakama-tanaka

田中さんは仲間さんより14歳年上。今まで独身を通してきたのですから、女関係が無事に済むとは思えませんが…

なんでも仲間さんがゾッコンなんだとか、分かるような気がします。

仲間さんとの結婚は田中さんにどんな影響を与えたのか、俄然興味が湧いてきますね。


結婚により役柄の幅も広がる!?

以前はちょっと変わった危い人を演じる俳優だと思っていました。

真剣な仲間さんに少なからず影響を受けたのではないでしょうか。役の幅も広がったようにも思います。


印象が変わったのは、2015年の映画『ビリギャル』でヒロインの父親を演じたあたりでしょうか。

独善的な父親の力強さと痛さを余すところなく伝えるリアル感に目を見張りました。

創作と現実の境目を感じさせないツワモノだと感じました。

癖がありそうなところで役の深みを増すというか、きれいだけでは収まらない役者の力量を見せられたように思います。


仲間由紀恵さんも、NHK朝ドラ『花子とアン』の伯爵家令嬢を演じて人気再燃、演技派を強く印象付けました。

結婚されたことで役柄の幅も広がり、更に魅力が増したお二人は、真面目で堅実とも言えそうですね。


スポンサードリンク

 

まとめ


6年の交際を実らせて結婚されたことが自然に作用し互いに発展できるとは、素晴らしいことです。

さぞかしモテたであろう田中さんですが、美しく真摯な仲間さんにかしずかれ、年貢の納め時と覚悟されたのでしょう。

この気概が演技にも反映されているような気がします。

実力派 田中哲司さんが、今後どんな作品でどのような人物を作り上げてくれるのか楽しみですね。

 


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です